小児歯科|町田みらい歯科|町田駅前の歯医者|むし歯治療

小児歯科

Pediatric dentistry

お子様の大事なお口の健康のために

イメージ画像

乳歯はいずれ生え変わる歯ですが、むし歯や歯肉炎などのトラブルを放置しておくと、やがて生えてくる永久歯にまで影響が出てしまいます。また、子どもの頃からきちんと歯をお手入れすることで、丈夫で長く使っていける歯に育てていくことができます。お子様が将来、お口のことで悩むことがないように、お子様の歯のトラブルは早めに治療を始め、お口の健康を守ってあげましょう。

当院で行う小児歯科の特徴

イメージ画像

お子様のお口をむし歯のない健康な状態にするためには、早期発見・早期治療だけでなく、むし歯にならない予防ケアがとても大切です。当院では、フッ素塗布や奥歯の溝を埋めるシーラント、歯ブラシ指導などを通して、むし歯になりにくいお口の環境作りをサポートしております。 また、お子様が楽しく定期的にお口の健康を守っていけるように、当院では「キッズクラブ」を設立しています。

キッズクラブ開設のおもい

イメージ画像

この子には自分と同じように歯で悩んで欲しくない、この子の歯だけは守りたい」そんなお母さん、お父さんの強い気持ちに応えるため。
歯医者さんは怖いところ、痛いことをされるところ」そんなイメージをお子様に抱いて欲しくない・・・一人でも多くのお子様に「歯医者さんは怖くない、楽しいところ」と思って欲しい。
歯医者さん嫌いな子を少しでも減らしたい」という当院の願いから町田みらい歯科ではこの度キッズクラブを開設させていただきました。

キッズクラブの診療ステップ

1.

問診

イメージ画像

歯科医師もしくは歯科衛生士が、保護者の方に気になる部分、歯や口を中心としたお体について、また歯ブラシや食生活の近況等について伺います。

2.

口腔内診査

イメージ画像

歯科医師もしくは歯科衛生士が、お子様のお口の中をみさせていただきます。
むし歯・歯ならび・かみ合わせ・はぐき・歯ブラシ・くせ(指しゃぶり等)などの状態をチェックし、お子様や保護者の方へ説明させていただきます。

3.

染め出し

イメージ画像

お子様や保護者の方に、お口の中に汚れ(プラーク)が、「どこに?」「どれくらい?」付いているか、色染めして見ていただきます。汚れの記録も行います。

4.

歯ブラシ指導

イメージ画像

まずはお子様に磨いてもらい汚れを落とします(年齢によります)。歯ブラシの動かし方や当て方、順番について指導後、保護者の方への仕上げ磨きの指導を行います。

5.

クリーニング

イメージ画像

残っている細かい汚れや、歯石、茶しぶ(ステイン)がある場合はクリーニングを行います。

6.

フッ素塗布

イメージ画像

お子様の年齢や体重を目安に、お口に含んで問題がない濃度のフッ素ジェルを塗布していきます。誤って飲み込んでも、体に害のないフッ素ジェルを使用していますご安心ください。

*むし歯治療や予防処置の必要がある場合は、当日もしくは後日に治療を保険診療内で行ないます、
 キッズクラブの診療には含まれません。
*当日の汚れが非常に多くむし歯のリスクが高いと判断される場合は、
 後日1~2回程度歯ブラシチェックに来ていただくこともございます。

キッズクラブ入会について

0歳~12歳の就学中のお子様が入会できます。
入会金として¥300いただいております、初回以降に年会費・継続費は一切頂いておりません。

キッズクラブ入会特典について

①お子様専用のデンタルノートのお渡し
デンタルノートとは? お子様の歯にまつわるトピックスが充実し、お子様のお口に関する情報の記録や歯ブラシ指導の内容の記録などを長期的に残すことが出来る手帳です。お子様のお口の健康を守るために「お子様」「保護者の方」「当院」を結ぶ、重要なコミュニケーションツールと考えております。
②フッ素塗布が入会後は無料(就学中の12歳まで)
通常フッ素塗布は¥500いただいておりますが、入会後のフッ素塗布は無料で行います。 (トレーを用いるフッ素塗布ご希望の場合は1回¥1000とさせていただきます)
③当院で販売しておりますケアグッズをご家族皆様に10%オフで販売
お求めの際は、記入のためデンタルノートをお持ちください

キッズクラブからのお願い

  • お子様の歯は、大人と比べむし歯になりやすいので3か月ごとの来院を推奨しております。
  • お子様の歯を守るため保護者の方も協力して下さい、ホームケアが重要です。
  • 入会がむし歯にならないことを保証するものではありません。
    むし歯が小さな状態での早期発見・早期治療もキッズクラブの重要な役割とお考えください。
  • デンタルノートを紛失された場合、実費で¥300いただくことがございますご注意ください。

お子様の歯の治療について

むし歯治療・レジン充填

イメージ画像

むし歯の部分を、う蝕検知液(むし歯の部分と健康な部分を識別するための特殊な薬剤)を用いながら必要最小限取り除きます。その後レジン(保険で行える白いプラスチックの詰め物)を、もともとの歯と同じ形になるようにつめて治す方法です。

シーラント

イメージ画像

お子様の乳歯はでこぼこした形が特徴で磨き残しが多くなりがちですし、生えたての永久歯はまだやわらかく、溝の部分が深いため、大人にくらべるとむし歯になりやすいので注意が必要です。そのような溝の深い部分や汚れが残りやすい部分を、レジン(保険で行える白いプラスチックの詰め物)と同様の材料で、あらかじめ埋めることによりむし歯になりにくく、磨き残しが出にくい環境を作ります。
もちろん保険治療で行えます。当院ではフッ素配合のシーラント材を用いています。

むし歯になる前に、
フィッシャーシーラント処置をおすすめします。

  • フィッシャーシーラントって?


    フィッシャーシーラントって?

    むし歯になりやすい歯の溝を、フッ素含有の樹脂でコーティングする処置のことです。

  • どんな材料?


    どんな材料?

    シーラントの材料は、歯と同じ白色です。当院では、歯質にやさしく、溝の封鎖性の高い材料を使用しています。この材料はフッ素など6種類のミネラルイオンを放出し、歯質の強化もお手伝いします。

  • HOW TO


    歯の溝にシーラント材を詰めて、光をあてて固めれば完了です。
    処置は短時間で完了します。

フッ素塗布

イメージ画像

フッ素をお子様の歯に取り込むことにより次の効果が期待できます。

①歯の質を強くする:むし歯菌の酸に対しての抵抗性を強くすることにより、歯がとけにくくなります。

②再石灰化をうながす:むし歯菌の酸により、歯から溶け出したリンやカルシウム成分の再石灰化が期待できます。

③むし歯菌の活動を抑制:むし歯菌の活動を低下することにより、作りだす酸の量を減らすことができます。

        

*フッ素の安全性が心配な保護者の方へ
フッ素は、お肉やお魚、牛乳や野菜などの毎日口にするほとんどの食品の中に含まれています。サプリメントと同じように一度に多量に摂取することは、体に取ってよくありませんが、町田みらい歯科ではお子様の年齢や身長、体重に合わせて適切なフッ素含有のジェルや泡材を使用しております。
どうかご安心下さい、不明、不安な点がございましたら歯科医師もしくは歯科衛生士までお気軽にご質問ください。

歯ブラシ指導

イメージ画像

人がひとりひとり、体の大きさや顔がちがうようにお子様のお口も、歯並びや歯の大きさ、生え方などもお子様によって様々です。
町田みらい歯科では、お子様に合った歯の磨き方から、歯ブラシ選びまでご指導させて頂きます。
お子様ご本人にはもちろん、保護者の方に実際に院内で仕上げ磨きをして頂き、ご家庭での仕上げ磨きに役立てて頂けたらと考えております。