ブログ|町田駅で歯科をお探しの方は町田みらい歯科まで

〒194-0022
東京都町田市森野1-14-17
西友町田店5階

町田駅西口徒歩2分の好立地の歯医者です

各種保険対応 予約制 急患随時受付
  • 電話
  • WEB予約
  • メニュー
NEWS 新着情報
2020.7.15 夏季休診日のお知らせ
2020.7.15夏季休診日のお知らせ

新型コロナウイルス感染症に罹患された皆さま、および関係者の皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、1日も早い収束を心よりお祈り申し上げます。

誠に勝手ながら、8月13日(木)より19日(水)までは夏期休診のため休診日とさせて頂きます。

患者様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力の程、宜しくお願い致します。

祝日の10日(月)と12日(水)は臨時で診療しており、両日ともに18:00までとなります。

 

連休後は20日(木)から通常通りの診療となります。

お痛みやお急ぎの処置ご希望の場合は、お電話にてご相談ください。

町田みらい歯科 院長 天野晃秀


2020.5.7 新型コロナウイルスに伴う診療時間短縮のお知らせ
2020.4.20 新型コロナウイルスに伴う診療時間短縮のお知らせ
2020.4.13 臨時休診のお知らせ

ブログ

Blog

ブログ

2017年7月10日

町田みらい歯科 院長の天野晃秀です。

前回から更新が大幅に遅れてしまい申し訳ありません、多くの患者さんにご来院頂き嬉しい限りです。体調を崩したり、他の歯科医院の見学と休日をブログに費やすことが出来ずにおりました。

前回は、〜歯医者さんのちょといいお歯なし〜その2として「むし歯の原因・メカニズム」についてお話をさせていただきました。

今回はその3「むし歯の症状」についてお話をさせて頂きます。

 

<むし歯の症状について>

むし歯のご経験がある方ならご存知かもしれませんが、むし歯の進行状況によりその症状は様々です。

むし歯の進行図 ①進行状況について ②症状について

CO

イメージ画像

歯に穴はあいていませんが、歯の表面のエナメル質が溶け始めており白く濁った部分が目で確認できます。 自覚症状はなく、痛みやしみるといったこともありません。

C1

イメージ画像

エナメル質の部分に穴があきはじめた状態で、年齢に応じて黒色や茶色に変化し始めますが、明らかな穴を目で確認することは難しいこともあります。 冷たいものや甘いものがしみることが、ごくたまにある程度で痛みとして感じることが難しい状態です。

C2

イメージ画像

エナメル質の内側にある、象牙質と呼ばれる部分まで穴があき始めている状態です。この頃になると色の変化はもちろん穴を目でも確認できますし、舌などで歯をさわると凹んでいる状態が分かるようになります。 冷たいものや甘いものがしみることが多くなり、時々痛みを感じるようになります。食べ物も歯と歯の間にはさまりやすくなり、食事中にかむと痛いなどの症状も現れます。

C3

イメージ画像

象牙質の内側にある、歯髄と呼ばれる神経の部分までむし歯が進行した状態です。色の変化はもちろんですが大きな穴があき、歯が大きく欠けてしまうことも少なくありません。 むし歯菌による神経の炎症が起こるため、冷たいものや甘いもの、温かいものがしみること、強い痛みを感じることやかむと痛い、就寝中に痛くて目を覚ますなど様々な症状が段階を経て現れます。

C4

イメージ画像

神経の部分がむし歯菌の感染により、腐ってしまい駄目になります。歯が大きく欠けてしまい、かむ部分がないことが多く、歯根の先端に膿がたまり始めて付近の歯ぐきが腫れていることもあります。 神経が駄目になっているため、冷たいもの温かいもの甘いものはしみることはありませんし、痛みも一時的に無くなります。しかし、歯根の先端の膿により再度強い痛みを感じ、かむと激痛、痛くて寝られないなど様々な症状が現れます。

 

「何もしなくても痛い」「熱いものがしみる」「夜になると痛む」などの症状は、虫歯がかなり進行しています、ある日を境に急に我慢できない痛みに発展することもあります。

「冷たいものがしみる」「物が詰まりやすい」「痛い時があった」など、症状が軽度な状態での受診をオススメします!

 

歯医者さんに、「怖い」「不安」「痛い」といったマイナスイメージを持たれる方が多いのは大変理解できます、私もそうでした(笑)でもこの職業を自分の仕事にしたことにより、少しでも皆様のお役に立てればと思い日々、「家族で通える歯科医院」を目指し私をはじめスタッフ一同力を合わせております。お口や歯でお困りのことがありましたら、治療は二の次でまずはご相談だけでも町田みらい歯科にいらしてください。

次回は「むし歯の治療法」について詳しくお話をしたいと思います、楽しみにしていてください。

2017年6月8日

町田みらい歯科 院長の天野晃秀です。

前回は、〜歯医者さんのちょといいお歯なし〜その1として「歯を失う原因」についてお話をさせていただきました。

今回はその2「むし歯」についてお話をさせて頂きます。

<むし歯とは?>

お口の中には良い働きをする細菌や悪い働きをする細菌が数百種類住みついています。ちなみに細菌とは1mmの1000分の1ほどの大きさ、1μm(マイクロメトートル)を単位とし、細胞をもち自己修復能力をもつ微生物のことです。細菌はもちろん、目には見えません。そのような細菌の中でも、むし歯菌の1番の代表はミュータンス菌という細菌です。

Streptococcus_mutans_01Photo Credit: Content Providers(s): Streptococcus mutans Transwiki approved by: w:en:User:Dmcdevit

この細菌が食べ物に含まれる糖分をもとに代謝をし、作り出される酸により歯が溶けてしまう病気がむし歯です。

 

<むし歯のメカニズムとは?>

「ミュータンス菌」などの細菌は食べ物に含まれる「糖分」により活発に増え、プラーク(歯垢)と呼ばれるネバネバした自分たちの住処を形成します。1gのプラークの中には100億〜1000億個の細菌がいるとも言われています。

img02_3

plaque

歯ブラシをしない、歯ブラシをするけど磨けていないなど「長い時間」プラークが残ってしまうと歯を溶かす酸が発生します。

この酸により歯の成分であるカルシウムやリンが溶けて出てしまいむし歯になってしまいます。
この「むし歯菌」「糖分」「歯」加えて「時間」の要素を上手にコントロールすることがむし歯の予防につながります。

img02_2

「歯ブラシでむし歯菌の数を減らす」「糖分を摂取する頻度を少なくする」「酸により脱灰(歯が溶けること)する時間を短くする」「フッ素などを歯に取り込み酸に強くする」などこの4つの輪が、重なる部分をなるべく減らすことがむし歯の予防には重要なポイントとなります。

 

歯医者さんに、「怖い」「不安」「痛い」といったマイナスイメージを持たれる方が多いのは大変理解できます、私もそうでした(笑)でもこの職業を自分の仕事にしたことにより、少しでも皆様のお役に立てればと思い日々、「家族で通える歯科医院」を目指し私をはじめスタッフ一同力を合わせております。お口や歯でお困りのことがありましたら、治療は二の次でまずはご相談だけでも町田みらい歯科にいらしてください。

次回は「むし歯」についてもう少し詳しくお話をしたいと思います、楽しみにしていてください。

 

 

2017年6月4日

町田みらい歯科 院長の天野晃秀です。

6月4日は「6(む)4(し)」にちなみ、日本歯科医師会ではむし歯予防デーとしており、10日までを歯と口の健康習慣としております。

先日町田市歯科医師会主催の、第34回デンタル・ケアに診療後お邪魔してきました。

小田急線町田駅に直結の小田急百貨店 町田店さんで実施されていたこともあり、会場はファミリーで来場されている方でいっぱいでした。

DSC_0216

同じフロアには近隣の学校の生徒さんが書いてくれた、ポスター展示もありまた明日からの診療を頑張る元気をもらいました。

DSC_0217

今年はお手伝いをできず町田市歯科医師会の先生方にご迷惑をおかけしましたが、

今後、声をかけて頂いた際には是非参加させて頂きたいと思います。

2017年5月15日

こんにちは😀町田みらい歯科 歯科衛生士の木村です♪

今日は当院で取り扱っている歯ブラシについて
ご紹介します^ ^

私は普段は電動歯ブラシを使用していますが、場合によって普通の歯ブラシも併用することも
あります❗️

町田みらい歯科ではルシェロというシリーズの歯ブラシを取り扱っていて私はB-10Mを使用しています。
ヘッドがスマートで小さく、毛の硬さはM(ミディアム)でしっかりと歯面を磨けます。
ルシェロシリーズはタイプがたくさんあります。

IMG_2193

B-10S. B-10M. P-10S. P-10Mとあり

B-10S.B-10Mはむし歯予防✨に

P-10S歯肉の痛みが強い方、中等度〜重度歯周炎
P-10M歯周病予防、健康な歯肉〜軽度歯肉炎、

歯周病治療後のメインテナンスの方とお口の状態によって歯ブラシを使って頂けます。

この他にルシェロシリーズの中にピセラというシリーズもあり、少しルシェロよりもヘッドがコンパクトになっているので女性👩や子ども👦向きです。
他にはインプラント用などもあります。

この間、GWに実家に帰り家族の口腔内に合った歯ブラシを持って帰りました♪
持ち手も持ちやすく、コンパクトでとても磨きやすいと喜んでもらえました☺️

みなさんはご自分のお口の状態に合った歯ブラシを歯医者さんで選び使用していますか?

町田みらい歯科ではたくさんの歯ブラシの中からみなさんのお口に合う歯ブラシをご一緒に
考えて提案させて頂きますので何かお困りの際はいつでもご相談くださいね❣️

2017年5月11日

町田みらい歯科 院長の天野晃秀です。

昨年12月に東京都町田市で開業し来月で半年を迎えます、はじめは大変忙しく自分の時間を持つことが出来ずにおりました。今では休診日の水曜日にブログとゆっくり向き合う時間も作れるようになりました。

そこで開業当初から構想を練っていた、当院のブログを通して患者様に、ご自分のお口のことを少しでも知って頂き、いつまでもきれいな歯で食べることが出来る様、お口や歯についての情報発信をしていきたいと思います。

タイトルは「歯医者さんのちょっといいお歯なし(話)」・・・・・う〜ん、我ながら平凡なタイトルしか浮かびません(笑)しばらくこのままでいきます。

第1回は「歯を失う原因」です。

誰もがいつまでも自分の歯で、大好きなものを食べたいと思うのは当然のことですが、本当は大変素敵で素晴らしいことなのです。中には残念ながら、むし歯や歯周病(昔は歯槽膿漏)などが原因となり、抜歯をせざるを得ない場合も治療現場ではあります。次のグラフは厚生労動省「e-ヘルスネット」から引用させて頂いたものになります。

h-04-002-1

 

 

 

 

 

 

全国の約2000ほどの病院での調査の結果となります。歯を失う原因の

第1位は「歯周病」42%

第2位は「むし歯」32%

第3位は「その他」13% いわゆる親知らず(智歯)の抜歯が大半になります。

歯周病とむし歯を合わせて、約8割くらいの抜歯の原因となる病気であることがよく分かります。

 

詳しく見て見ますと、

「歯周病」が原因の抜歯は中高年の年齢層の方が多く、意外と30代後半からも少しずつ増えていることがわかります。

「むし歯」が原因の抜歯は多少の違いあるものの、どの年齢層でも確認できます。

「その他」が原因の抜歯は親知らずが大半となるため若い年齢層の方に多く見られます。

 

大げさな言い方になってしまいますが、皆様の大事な歯は、「大事なかけがえのない財産」であり一度失うと(抜いてしまうと)二度とは取り戻せません。そのためには、先ほどのグラフから分かるように「歯周病」「むし歯」の早期発見・早期治療がいかに大事か、また未然に防ぐための予防が大切かがご理解頂けたかと思います。

歯医者さんに、「怖い」「不安」「痛い」といったマイナスイメージを持たれる方が多いのは大変理解できます、私もそうでした(笑)でもこの職業を自分の仕事にしたことにより、少しでも皆様のお役に立てればと思い日々、「家族で通える歯科医院」を目指し私をはじめスタッフ一同力を合わせております。お口や歯でお困りのことがありましたら、治療は二の次でまずはご相談だけでも町田みらい歯科にいらしてください。

次回は「むし歯」について原因やメカニズム、治療法などいくつかに分けて更新しますので、楽しみにしていてください。

 

 

 

 

 

2017年5月9日

過ごしやすい季節となりました。そろそろ冬物の片付けをしないと…と思っている間に、GWも終わってしまいました😌。

町田みらい歯科の受付スタッフの天野です🙍。

さて、私ごとではございますが、この度トリートメントコーディネーター(TC)の資格を取得しました✨。みなさん、トリートメントコーディネーターって、ご存知でしょうか⁉️おそらくあまり知られていないであろう存在かと思います。今回はことトリートメントコーディネーターがどんな仕事で、どのような役割を担うのかについて少しお話しさせて頂きます。

歯医者さんに行った時に、いろいろ聞きたいことや悩んでいることがあるのに、診察台に座った途端(もしくは先生が来た途端)何も言えなくなってしまった💦…なんていう経験はないでしょうか?「こんなことを言ったら失礼かしら?」とか「なんだか忙しそうだから😥…」と、敢えて言わずにモヤモヤしたまま帰宅してしまった…etc。言い出せない理由はいろいろあると思いますが、そんな時に活躍するのがトリートメントコーディネーター(以下TC)です✨。簡単に言いますと、TCとは患者さんと病院スタッフとの間に立つ緩衝材のような役割を担っています。具体的な内容として

①初めて来院された方の問診、ヒアリング

②歯科医師の診断をもとに歯科治療の提案やご説明などが挙げられます。

その中で③患者さんが抱いている不安や疑問を解消していく、ということがTCにとって一番大きな役割です。

歯科医師や歯科衛生士には直接言いにくいことをTCが代弁することにより、患者さんと担当ドクター、担当衛生士との間をより良い関係を築くための存在、と考えていただくとわかりやすいですね💕。

治療に対する不安や疑問など何かございましたら、お気軽にご相談下さい。

DSC_0218

 

2017年5月6日

町田みらい歯科 院長の天野晃秀です。

平素より町田みらい歯科にご来院頂きまして、誠にありがとうございます。

5月6日よりインターネットからの、WEB予約を開始いたしました。

当院受診が初めての方に限りますので、すでに通院中の方の予約やキャンセルは今まで通り直接当院へお電話下さい、よろしくお願いします。

bnr_webyoyaku

平日は夜8時まで、土曜日や日曜日も診療しておりますので、お勤め帰りや週末の通院をご希望の方も通いやすい歯医者さんです。歯が急に痛み始めた、詰め物が取れたなどお口のことでお困りのことがありましたら診療時間外でもこちらからご予約ください。24時間受付中です。

2017年4月28日

こんにちは!
4月も後半になりましたが、新年度いかがお過ごしですか?新生活を迎えられた方は少し慣れてきた頃でしょうか(^.^)

当医院は、入り口すぐ右側に “まちみら通信” というのを掲示しております!
すでにご来院して頂いてる方には見ていただけている…かなと思いますが…(笑)
先日まではわたしたちにとって、身近な“歯周病”をテーマにし、歯周ポケットの検査方法や歯周病の度合いなどについて書いてありました。来ていただいた患者さまに歯周病のことを知っていただけたら嬉しいなぁ〜という思いで、このテーマにしておりました。
今回は第2弾!“義歯(入れ歯)”について掲示しております!
自分には関係ないな〜と思う方にも、歯科治療の流れなど、少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです(^^)
次回のまちみら通信も興味深いテーマになってますので、楽しみにしていてください!乞うご期待(^^)/~~~(笑)

2017年4月25日

町田みらい歯科院長の天野です。

当院では毎週金曜日、昼休み前の時間を使って全体ミーティングを行っています。全員で共有すべきことや新しい材料や器具についての勉強会などを行っています。

先日は、ミーティングの代わりにスタッフの西崎の誕生日🎂をお祝いしました。スタッフのみんなが大好き💕な西崎さんのために、サプライズで計画を練ってくれたので良いお祝いができました。

1493569115903

二人のお子さんがいる西崎さん、子育てをしながらお家のこともして大変な中、当院ではいつも元気で働いています。いつもありがとうございます、これからも元気でパワフルなお仕事お願いします😋

2017年4月20日

こんにちは、歯科助手の島倉です。

今回は先月に親知らずを抜いた経験について書きたいと思います。

痛みが出てということではなく、よく食べ物が挟まり歯ブラシでも奥を磨くのが難しかったため、初めての抜歯が親知らずになりました・・・。ちなみに私はむし歯の治療済みの歯がないことが自慢です😄

口腔内での麻酔も初めての私は少し緊張💦しながらも、麻酔をしたらどう感じるのか、切れてきたらどうなるのかなど、患者さんの目線になって経験することができました。

抜いてからの約1ヵ月は、周りのスタッフから聞いていた通り、ご飯粒などが穴の中に入ったり⛳️ 、固い物が食べにくいなどがありましたが、虫歯などになる前に抜けてよかったと思いました💕。

他にも残っているのですが、今回経験したので次は緊張しないでできそうです。あと3本あります😨

みなさんも食べ物が挟まりやすい、奥を磨くのが難しいなど、痛みが出る前になんとかしたいという方がいらっしゃいましたら、ぜひ院長やスタッフに親知らずの抜歯についてご相談ください。

町田みらい歯科では、CT写真が撮影可能な最新のレントゲン撮影装置を完備しておりますので、事前に必要な場合には神経と歯の位置関係を確認して、抜歯の安全性をしっかりと説明しますので、ご安心ください‼️

1 2 3 4 5 6 7 8